トップへ戻る

そのつらい頭痛や肩こり、インプラント後にひどくなっていませんか?原因は「かみ合わせのずれ(を原因とした顎関節症)」です。

ドクターブログ

グリーン歯科には、顎関節症でお悩みの方が多数来院されています。具体的には「頭痛や肩こりが治らなくて・・・インターネットで調べたら「顎関節症かもしれない」ということで、グリーン歯科で顎関節症の治療ができると聞いてきました」という方が多いです。

お口の中を拝見したらほとんど原因が分かりますが、最近多いのは「インプラントをされている患者さま」です。「もしかして、インプラントしてから症状がひどくなりませんでしたか?」とお伺いすると、「そう言われてみれば!」となるケースがほとんどです。

噛み合わせがずれる→顎関節症になる→頭痛や肩こりに

もちろんインプラント自体が悪いわけではありません。ただインプラントを入れることで、噛み合わせがずれてしまうケースが非常に多いのも事実です。

お口の中は非常に繊細ですので、わずか髪の毛一本分のずれでも大きな影響が出ます(口の中に髪の毛が入るとすぐ分かりますよね?)。

ほんの少しインプラントの歯の高さが位置がずれてしまうことで、噛み合わせがずれてしまい、顎関節症になり、それが原因で頭痛や肩こりが出たり悪化したりする、という流れです。

噛み合わせをしっかり診ることができる歯医者はごくわずか

もちろんどの歯医者も、基本的な噛み合わせは確認します。ただ、残念ながら顎関節をしっかり学んだ上で、お口全体の噛み合わせを診ることができる歯医者はごくわずかです。

当院の院長は、顎関節の治療に長年携わっているプロフェッショナルです。実際毎日のように、他院でインプラントを埋めた患者さまの調整を行い、噛み合わせを改善しています。

インプラントだけではなく、入れ歯でも詰め物でも同じ

噛み合わせがずれてしまう原因は、インプラントだけではありません。簡単な詰め物でも入れ歯でも同じことが起こります。

「最近頭痛がひどいけど、言われてみたら歯医者で治療してからのような気がする」というのは本当によくある話ですし、「入れ歯を作ったけど痛くて噛めない、外れやすい」といったお悩みも、多くは噛み合わせがずれていることが原因です。

噛み合わせがすべての治療の根幹

グリーン歯科では、噛み合わせの治療を全ての治療の根幹と考えています。インプラントはもちろん、詰め物や入れ歯も、歯並びを揃える矯正治療もすべて噛み合わせが非常に大事になります。

グリーン歯科では、噛み合わせ治療のプロフェッショナルです。お悩みをお持ちの方、お心当たりのある方は、ぜひお気軽にご相談ください。

こちらのページも併せてご覧ください。